【伝統発酵醸師とは?】口コミや資格内容・認定講座を解説

【伝統発酵醸師とは?】口コミや資格内容・認定講座を解説
伝統発酵醸師の資格に興味があるけど、どんなことを学べるの?

資格取得の際、学習の流れや講座内容がわからないと、なかなか申し込みに踏みきれないですよね。

そこで今回は、この3つを記事で解説しています。

発酵食品を基礎から学びたい方は要チェックです!
この記事でわかること
  • 伝統発酵醸師認定講座で学べる内容や、資格取得までの流れ
  • 伝統発酵醸師認定講座の講座内容
  • 伝統発酵醸師とほかの腸活・発酵食品資格との違い
タップで移動できる目次

伝統発酵醸師の資格とは?認定講座の内容

伝統発酵醸師認定講座
画像引用元:国際発酵食医膳協会公式サイト

伝統発酵醸師は、一般社団法人 国際発酵食医膳協会が認定している民間の資格です。

資格を取るためには、協会が指定する講座を受講することが必須条件となります。

mina
発酵食品を学びたい方なら誰でも受けることができ、受験資格は特にありません。

「伝統発酵醸師」認定講座の概要はこちらです。

項目説明
資格種類伝統発酵醸師
資格認定一般社団法人
国際発酵食医膳協会
受験資格特になし
試験会場東京/京都
オンライン
講座内容■実習
味噌/醤油麹作り・醤油作り
麹作り(白米麹/麦仕様の醤油麹)

■座学
豆と麹の黄金比率
受講費用231,000円
年会費13,200円
学習期間6ヶ月(月1回)
※講座概要は変更になる場合があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

伝統発酵醸師認定講座は、東京・京都・オンライン受講の3種類があります。オンラインの場合は、寒仕込み味噌作りの期間(12-2月)に1回以上スクーリングを必ず行う必要があります。

受講は月1回、6ヶ月かけて学ぶ形式で、費用が高いぶん卒業後のアフターフォローが手厚いのもポイントです。

伝統発酵醸師認定講座のポイント

  • 月1回6ヶ月間通学。東京・京都・オンラインの3種類から選べる
  • 卒業後、教室開催やサロン経営ノウハウ伝授などのアフターフォローが手厚いため、発酵食品分野で起業したい人におすすめ
  • 1回の講座の時間は2〜3時間程度。平日&土日両方開催

伝統発酵醸師認定講座を受講した人の感想・口コミ評判

実際に伝統発酵醸師認定講座を受講した人の口コミや評判を知りたい!

そこで今回は、ネットや公式サイト、SNSで、伝統発酵醸師認定講座を実際に受講した人の口コミを調べてみました。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 材料が届くのでオンラインで学べて便利
  • 新しいことを知れてワクワクする
  • 奥が深く面白い
  • 特になし

伝統発酵醸師認定講座の良い口コミ・評判

まずは、伝統発酵醸師認定講座の良い口コミを3つ紹介します。

  • 材料が届くのでオンラインで学べて便利
  • 新しいことを知れてワクワクする
  • 奥が深く面白い

【良い口コミ評判①】材料が届くのでオンラインで学べて便利

今日は師匠からオンラインで豆板醤作りを教わります。見てこの#空豆皮が柔らかくて色が鮮やか。

師匠が教室で扱う材料は全て自然栽培・無農薬・無肥料・土作りからこだわった作物だから一般のものを扱う手作り豆板醤より、より一層美味しい豆板醤が作れる。こだわるから、本物の味になる。

(2020年4月受講生)

引用元:Instagram「伝統発酵醸師認定講座」受講生の投稿

【良い口コミ評判②】新しいことを知れてワクワクする

伝統発酵醸師。昨年12月から月1回勉強に通い半年認定試験を受け合格し、念願のこの資格を取ることができました✨

これから少しずつ講座を開催していきたいと思います☺️新しいことってワクワクしますね😊♥️

(2021年5月受講生)

引用元:Instagram「伝統発酵醸師認定講座」受講生の投稿

【良い口コミ評判③】奥が深く面白い

試験合格。地産地消→身土不二→中医学・薬膳→伝統食→発酵と芋づる式に学びたいこと面白いことが現れて。どれも奥が深い。これからも学びを深めてまいります😊

(2021年7月受講生)

引用元:Instagram「伝統発酵醸師認定講座」受講生の投稿

秋から勉強していた発酵のお勉強。この度国際発酵食医膳協会で試験に合格。『伝統発酵醸師』になりました😊

近年発酵食ブームですし、キムチにコチュジャンetc…など何より韓国料理は発酵食品から成るお料理が沢山あります。

日本伝統の味噌や醤油の本物の手作りの味と本当に身体に良い発酵食品とは何か……など深く勉強させてもらい、本物のお味噌とお醤油作りを学びました。

(2018年受講生)

引用元:Instagram「伝統発酵醸師認定講座」受講生の投稿

伝統発酵醸師認定講座の悪い口コミ・評判

次に、伝統発酵醸師認定講座の悪い口コミを調査しました。

  • 特になし

悪い口コミを調べましたが特になく、「講座で学んでよかった」という声が多い印象でした。

伝統発酵醸師の資格は独学できる?

伝統発酵醸師資格は独学で取得できません

独学で資格試験のみ受けることはできません。
伝統発酵醸師講座を受講することで、資格取得ができます。

独学の場合、自分で本を何冊か買ったり、YouTube動画や発酵食品や腸活が特集された雑誌を読んで学ぶことになります。

腸活・発酵食品のおすすめ本をこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【実際に読んでみた】発酵食品の勉強におすすめの本12選・レシピ本あり 発酵食品の勉強しようと思ったけど、本がありすぎてどんな本を買えばいいのかわからない…と思ったことはありませんか? そこで今回は、発酵食品の勉強におすすめの本を...

>>【実際に読んでみた】発酵食品の勉強におすすめの本12選・レシピ本あり

あわせて読みたい
【レシピ本あり】腸活や腸内環境・細菌勉強おすすめ本14選 腸活の勉強をする際、種類がありすぎてどんな本を買えばいいのかわからない…と思ったことはありませんか? そこで今回は、腸内環境や腸活の勉強におすすめの本をまとめ...

>>【レシピ本あり】腸活や腸内環境の勉強おすすめ本13選

しかし、独学では勉強の範囲や大事なポイントがわからずに、途中で勉強をやめてしまう人も多いです。

mina
「重要なポイントをプロに教わって、最後まで勉強をやりきる」「体系立てて学ぶ」ことができるのが、通信教育のメリットです。

わからないことがあったらいつでも質問できるので、存分に活用してみましょう!

資格講座
独学
  • 資格取得までできる
  • 重要なポイントだけ学べる
  • プロの講師に質問・相談ができる
  • 費用がかかる
  • 資格は取れない
  • 学ぶ範囲があいまい
  • 質問・相談はできない
  • 費用は安くて済む

通信講座では、学ぶ期間が決まっているのもメリット。期限を決めて、その中で重要なポイントだけを学べるのもよいところです。

伝統発酵醸師講座以外の発酵食品・腸活資格講座

伝統発酵醸師講座以外にも、腸活・発酵食品に関する資格が実はたくさんあります。

発酵食品や腸活に関する資格を、比較しやすいよう表にまとめました。

資格講座費用申込先資料請求(無料)特長内容映像教材質問回答添削指導学習期間サポート期間資格認定講座運営
ユーキャンの発酵食品ソムリエ資格講座のテキスト・教材
発酵食品ソムリエ
32,000円今すぐ申込む>>無料資料請求教材クオリティが高い
発酵学の第一人者の小泉武夫先生が監修に関与
・世界や日本の発酵食品
手作り発酵食品の作り方
あり
(DVD1巻)
1日3回まで
(メール/郵送)
2回
(郵送/web)
約3ヶ月6ヶ月NPO法人発酵文化推進機構ユーキャン
キャリカレの腸活アドバイザー資格取得講座の教材
腸活アドバイザー
42,900円今すぐ申込む>>無料資料請求業界最長のサポート期間
腸活のアドバイス方法も学べる
腸活アドバイス方法
仕事や開業方法
あり
(DVD1巻/パソコン・スマホ閲覧可)
回数制限なし
(メール/郵送)
3回
(郵送/web)
約3ヶ月700日(約2年)一般財団法人
日本能力開発推進協会
キャリカレ
フォーミーの腸育コンシェルジュ資格取得講座
腸育コンシェルジュ
30,800円今すぐ申込む>>詳しく見る紙のテキストがないので、学習・受験はスマホorパソコン・腸もみのやり方
腸活の基礎知識
なし回数制限なし
(メール)
なし約1ヶ月180日(約半年)一般社団法人
日本能力教育促進協会
フォーミー
がくぶんの発酵食スペシャリスト養成講座の教材
発酵食スペシャリスト
39,900円今すぐ申込む>>無料資料請求試験なし(講座修了で資格取得)
・認定証発行+手数料(9,240円)=総額で49,140円
・発酵食品の正しい選び方
・ナカムラタカコ先生オリジナルの「旨塩麹」
あり
(DVD2巻)
回数制限なし
(郵送)
4回
(郵送)
約4ヶ月無料で6ヶ月延長可
(サポート期間実質10ヶ月)
一般社団法人ホールフード協会がくぶん
SARAスクールの発酵食品資格講座の教材
発酵食品マイスター
59,800円
(試験必要)

79,800円
(試験免除)
今すぐ申込む>>無料資料請求・プラチナコースは一度に2つの資格取得ができる
・芸能人の高垣麗子さん取得
認定証は別途5,500円必要
・発酵調味料の種類と効果
・主な日本の発酵食品
なし回数制限なし
(メール/郵送)
5回
(郵送)
約2-6ヶ月12ヶ月日本安全食料料理協会・SARAスクール
・諒設計アーキテクトラーニング
SARAスクールの発酵食品資格講座の教材
発酵食健康アドバイザー
59,800円
(試験必要)

79,800円
(試験免除)
今すぐ申込む>>無料資料請求・プラチナコースは一度に2つの資格取得ができる
認定証は別途5,500円必要
・主な発酵の種類
・発酵食品の歴史
・発酵関連の微生物
なし回数制限なし
(メール/郵送)
5回
(郵送)
約2-6ヶ月12ヶ月日本インストラクター技術協会・SARAスクール
・諒設計アーキテクトラーニング
発酵マイスター養成講座のテキスト・教材
発酵マイスター
176,000円今すぐ申込む>>詳しく見る毎年更新料(10,000円)必要
・事前にベーシック講座受講必須
・オンライン/通学から選べる
三大発酵・栄養素・微生物の知識
・発酵食品の調味料
なし講師に直接なし2時間x4日(6日間)受講期間中日本発酵文化協会日本発酵文化協会
※当サイトの表・コンテンツの無断転載はご遠慮ください。
※資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

発酵食品や腸活関連の資格は、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【発酵資格はどれがいい?腸活おすすめ7種類】通信講座一覧比較・独学 ※資格名が似ている「発酵食品ソムリエ」と「発酵マイスター」の違い・「発酵食品ソムリエ」と「発酵食品マイスター」の違いは下記をクリックでジャンプできます。 >&...

>>【発酵資格はどれがいい?腸活おすすめ種類】通信講座一覧比較・独学

伝統発酵醸師よりも安く受講するなら発酵食品ソムリエがおすすめ!その理由とは

伝統発酵醸師発酵食品ソムリエ
受講料231,000円32,000円
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。
mina
発酵食品を学ぶなら、ユーキャンの「発酵食品ソムリエ資格」がおすすめです。

伝統発酵醸師に比べて値段が安いのに、サポート体制や教材面でもすぐれています。

当サイトでユーキャンの講座をおすすめする3つの理由を紹介します。

ユーキャンの発酵食品ソムリエ講座
画像引用元:ユーキャン公式サイト
発酵食品ソムリエがおすすめの3つの理由
  1. ユーキャンの強みは教材の完成度の高さ。テキストのクオリティが他社に比べてカラフルでわかりやすい
  2. 受験料や教材送料が無料で、費用を抑えられる
  3. 味噌や塩こうじなどの手作り発酵食品や、発酵食品を使ったレシピをが学べる

1.教材テキストのクオリティが他社に比べてカラフルでわかりやすい

ユーキャンの強みは完成度の高さ。テキストを並べて比較するとその違いがわかると思います。

私自身もテキストで学んで感じたのですが、教材のクオリティが他社に比べて高く、カラフルでわかりやすい印象でした。

2.受験料や教材送料が無料で、費用を抑えられる

たとえば上の画像のように、キャリカレの腸活アドバイザー講座は、受講料とは別に資格試験の受験料が5,600円+教材の送料450円がかかります。私自身、キャリカレで資格取得してみて「別でかかる費用が多いな…」と思いました。

SARAスクールの発酵食品講座も、基本コースの場合は受験料が10,000円別途かかったり、認定証費用で5,500円かかるなど追加費用が多いです。

ユーキャンの発酵食品ソムリエ講座は、教材のクオリティは下がらないのに、他社に比べてリーズナブルに受講できるのがメリットです。

3.味噌や塩こうじなどの手作り発酵食品や、発酵食品を使ったレシピをが学べる

mina
味噌や塩こうじなどの手作り発酵食品の映像講義があるのもポイントです。

◎教材の発酵食品レシピが簡単でおいしい

発酵食品ソムリエ講座は合格して講座自体は終了しましたが、レシピが簡単でとても美味しいので、スイーツに挑戦しています。食材を購入したので、作りたいと思います。

りんごのコンポートは絶品でした。今、酒粕アイスを作っています。

明日は酒粕チーズケーキ風を作りたいと思います。酒粕プリンにも挑戦します。

レシピを見ていると簡単そうで美味しそうなので、スイーツ作りにハマりそうです。

(2020年受講生)

引用元:Twitter「発酵食品ソムリエ講座」受講生の投稿

発酵食品レシピ集は、眺めているだけでも楽しい内容です。

私も実際に作ってみましたが、特に豚肉の味噌漬け焼きと粕汁がお気に入りで、酒粕を料理に使う機会が増えました。

以上の3つの理由から、発酵食品ソムリエ講座が最もコスパ良く学べておすすめです。

>>【無料】発酵食品ソムリエ講座を資料請求する

>>発酵食品ソムリエ講座を今すぐ申込む

伝統発酵醸師資格講座の口コミ評判・概要まとめ

伝統発酵醸師認定講座
画像引用元:国際発酵食医膳協会公式サイト

伝統発酵醸師認定講座のポイント

  • 月1回6ヶ月間通学。東京・京都・オンラインの3種類から選べる
  • 卒業後、教室開催やサロン経営ノウハウ伝授などのアフターフォローが手厚いため、発酵食品分野で起業したい人におすすめ
  • 1回の講座の時間は2〜3時間程度。平日&土日両方開催

>>伝統発酵醸師資格の公式サイトはこちら

【関連】伝統発酵醸師と合わせて取得したい資格講座・記事

>>【発酵食健康アドバイザーの勉強方法】独学用テキストと本・資格試験難易度

>>【腸活アドバイザーの独学方法・テキスト口コミ】資格試験難易度と合格率・仕事に役立つ?

>>【腸育コンシェルジュの口コミ】資格の取り方と勉強方法・独学できる?

>>【腸について学びたい人へ】おすすめ本や勉強法・講座を徹底解説!

>>【発酵食品や麹の国家資格はある?】結論は「なし」。民間ではどんな講座がある?

>>【発酵検定とは?難易度と合格率】過去問テキストと問題集

>>【発酵食品を学びたい人へ】おすすめ本や勉強法・講座を徹底解説!

※本サイト記載の価格は、すべて税込です。

ユーキャンの春の資格取得応援キャンペーン
画像引用元:ユーキャン
キャリカレのAmazonギフト券5,000円プレゼントキャンペーン
画像引用元:キャリカレ

本記事は当サイト「暮らしを豊かにするブログ」が独自に調査・作成しています。記事公開後、記事内容に関連した広告を出稿いただくこともありますが、広告出稿の有無によって順位や内容は改変されません。

シェアしてね!
タップで移動できる目次
閉じる