【小麦粉と片栗粉の違い】肉にまぶして比べてみた

スポンサーリンク




OL
片栗粉と小麦粉を肉にまぶすのはどうして?

肉につけるのは、片栗粉と小麦粉のどっちがいいの?

 

レシピ本を見ていると「焼く前に、肉に粉をまぶす」って書いてあることがありますよね。

 

今回は、小麦粉と片栗粉を肉にまぶしてみて、仕上がりの食感を比べてみました。

※この記事で出てくる「小麦粉」は、「薄力粉」で統一しています。

 

【小麦粉と片栗粉の違い】肉にまぶして比べてみた

 

今回、小麦粉と片栗粉の違いを比べるために作ったのは、チンジャオロースです。

 

今回は、実際に小麦粉と片栗粉をつけて焼いて比べてみました。

肉+片栗粉で食感はどうなるか

【材料】

(1人分)

・ピーマン  2個(量ったら1個35gでした)
・豚こま肉  100g
・塩コショウ 少々
・片栗粉   小さじ1
・サラダ油  小さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・醤油       小さじ1/2

 

 

【作り方】

(所要時間10分)

 

1)ピーマンは、ヘタと種を取って薄切りにします。

 

豚肉はビニール袋に入れ、

塩・こしょうと片栗粉を入れて揉み込みます

 

 

2)フライパンに小さじ1の油を入れて熱する。

 

 

3)1)の豚肉を入れて中火で炒める。

 

4)ピーマンを入れて1分ほど炒めます。

 

5)オイスターソースと醤油を入れて、10秒ほど炒めます。

ここで全体に味をからめます。

 

6)お皿に盛り付けて完成です!

 

肉+小麦粉で食感はどうなるか

【材料】

 

「片栗粉」のレシピと同じです。

(片栗粉小さじ1→小麦粉小さじ1に変更するだけです。)

 

【作り方】

 

片栗粉が小麦粉に変わるだけで、片栗粉の時と一緒です。

 

実際に食べてみた結果

【片栗粉をまぶした肉】

 

とてもふっくら、やわらかにできました。こちらはもちもちした食感でした。

 

【小麦粉をまぶした肉】

 

小麦粉の場合、片栗粉のもちもち感はありませんが、やわらかさは同じくらいで、表面は少しカリッとしていました。

 

肉をやわらかくするにはどちらがいいのか

 

片栗粉は、やわらかくもちもちした食感。

小麦粉は、やわらかですが、表面はカリッとします。

 

片栗粉の方が、よりもっちりとやわらかく仕上がった感じがします。

 

 

私のイメージだと、和風や中華には片栗粉を使い、(片栗粉=もちもち)

 

洋風には小麦粉を使う感じですかね。(小麦粉=カリッと)

 

料理に応じて、使い分けられるといいですよね!

 

 

なぜ、片栗粉をまぶすと肉が柔らかくなるのか?

 

焼く前に、片栗粉で肉の表面をコーティングすることで、肉の水分・旨みを閉じ込め、外に出さないようにできるからです。

 

 

この効果は、小麦粉でも同じです。ただ、肉の表面の食感に、違いがあります。

 

よかったら作ってみてくださいね。

 

栄養学や食・料理の勉強におすすめの本を紹介

栄養学や食事、料理のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

>>【実際に読んでみた】料理が上手くなるための勉強におすすめの本12選

 

チップをいただけると、心から喜びます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。