豆腐のきのこあんかけ【野菜レシピ】

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます(詳しくはこちら)。記事作成方針は「暮らしを豊かにするブログ」のレビューガイドライン・運営理念をご覧ください。

スポンサーリンク

今回は、野菜を使った料理を紹介します。管理栄養士のmariさんに考案いただきました。

ライターmari

レシピ考案

管理栄養士 mari

管理栄養士・介護支援専門員。栄養士専門学校や病院、訪問診療クリニックで勤務。クリニックでは訪問栄養士として在宅高齢者・介護者等に対して、嚥下調整食や低栄養予防の食事指導・料理教室等を行う。現在は2児の育児中。子どもと一緒にピザやパン作りなどを楽しんでいます。
>>記事一覧

レシピ考案:管理栄養士 mari

ライターmari

管理栄養士・介護支援専門員。栄養士専門学校や病院、訪問診療クリニックで勤務。クリニックでは訪問栄養士として在宅高齢者・介護者等に対して、嚥下調整食や低栄養予防の食事指導・料理教室等を行う。現在は2児の育児中。子どもと一緒にピザやパン作りなどを楽しんでいます。
>>執筆記事

「野菜が好き」を極めよう>>【野菜資格一覧13種類】独学おすすめ!難易度と通信講座比較・果物勉強にも最適

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

記事監修

栄養士 赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。
赤石美波のプロフィール詳細

記事監修:栄養士 赤石美波

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。

赤石美波のプロフィール詳細

スポンサーリンク
タップで移動できる目次

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」の材料(2人分)

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」
  • 絹ごし豆腐 150g
  • しめじ 1/2株
  • 片栗粉 小さじ1

<A>

  • 醤油 小さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 酒 小さじ2
  • だし汁 100ml
  • おろし生姜 少々

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」の作り方

1.絹ごし豆腐はキッチンペーパーで水気を取り、一口大に切る。

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」
野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」
野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」

2.しめじは小房に分ける。

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」

3.A(醤油、みりん、酒、だし汁、おろし生姜)を鍋に入れて中火で煮立て、2を加える。火が通ったら、1を加えて5分ほど煮る。

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」

4.片栗粉に水小さじ2(分量外)を加えて水溶き片栗粉を作る。

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」

5.3に水溶き片栗粉でとろみをつけ、軽く煮る。器に盛り付けて完成。

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」

6.器に盛りつけて完成。

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」調理のポイントやコツ

生姜入りのあんが体を温めてくれる、冬にピッタリの一品です。あっさりしたきのこあんは、豆腐と相性抜群です。

しめじのほか、えのきやしいたけ等、お好みのきのこで作ってください。複数のきのこを組み合わせるとぐっとうまみが増します。豆腐が切りにくい場合は、スプーンで少しずつすくって鍋に直接加えてください。

とろみが薄めになっていますので、水溶き片栗粉の量はお好みで調整してください。

仕上げに三つ葉やねぎ、ゆず等を加えるとさらに風味がアップします。

きのこあんを、揚げ出し豆腐にかけると、ボリュームのある副菜に変身します。

揚げ出し豆腐は、木綿豆腐150gを適当な大きさに切り、片栗粉をまぶして揚げ焼きにして完成です。ぜひこちらも試してみてください。

そのほか、mariさんにご提供いただいた発酵食品レシピ

人参の味噌マヨ炒め【野菜レシピ】

かぼちゃと豚肉の和風シチュー【野菜レシピ】

小松菜とツナのサラダ【野菜レシピ】

白菜と豚肉の炒め煮【野菜レシピ】

▼ 最大半額!クリックして割引クーポンをもらおう! ▼

キャリカレの期間限定割引キャンペーン
画像引用元:キャリカレ公式サイト

※本サイト記載の価格は、すべて税込です。

野菜レシピ「豆腐のきのこあんかけ」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!

この記事を書いた人

管理栄養士・介護支援専門員。栄養士専門学校や病院、訪問診療クリニックで勤務。クリニックでは訪問栄養士として在宅高齢者・介護者等に対して、嚥下調整食や低栄養予防の食事指導・料理教室等を行う。現在は2児の育児中。子どもと一緒にピザやパン作りなどを楽しんでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タップで移動できる目次