根菜たっぷり和風スープ【野菜レシピ】

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます(詳しくはこちら)。記事作成方針は「暮らしを豊かにするブログ」のレビューガイドライン・運営理念をご覧ください。

スポンサーリンク

今回は、野菜を使った料理を紹介します。レシピはなぎさんに考案いただきました。

レシピ考案者なぎ

野菜レシピ提供

なぎ

幼い頃から祖母と一緒に料理をするのが日課で、食の道に興味を持つ。大学にて生物化学・栄養学を学び、在学中に食生活アドバイザーの資格を取得する。地産地消・栄養バランスを意識した食生活で、夫婦共々ー10kgに成功。「手軽に美味しく健康に」をテーマとした家庭料理を研究しながら、フードコラム執筆やレシピ制作などを手掛けている。

ライター:なぎ

レシピ考案者なぎ

幼い頃から祖母と一緒に料理をするのが日課で、食の道に興味を持つ。大学にて生物化学・栄養学を学び、在学中に食生活アドバイザーの資格を取得する。地産地消・栄養バランスを意識した食生活で、夫婦共々ー10kgに成功。「手軽に美味しく健康に」をテーマとした家庭料理を研究しながら、フードコラム執筆やレシピ制作などを手掛けている。

「野菜が好き」を極めよう>>【野菜資格一覧13種類】独学おすすめ!難易度と通信講座比較・果物勉強にも最適

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

記事監修

栄養士 赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。
赤石美波のプロフィール詳細

記事監修:栄養士 赤石美波

著者・記事監修の栄養士の赤石美波

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。

赤石美波のプロフィール詳細

スポンサーリンク
タップで移動できる目次

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」の材料(6人分)

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」
  • 大根 150g
  • れんこん 100g
  • ごぼう 1/2本
  • 人参 1/2本
  • ねぎ 1本

<A>

  • 水 1L
  • 白だし100ml
  • 醤油 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」の作り方

1.大根とれんこんはいちょう切り、人参は半月切り、ねぎは小口切りにする。ごぼうはささがきして5分水にさらしておく。

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」

2.大根、れんこん、ごぼう、人参とAを鍋に入れ、蓋をして中火で15~20分煮込む。

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」

3.根菜に火が通ったらねぎを加えて火を止め、再度蓋をして1分間余熱で火を通す。

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」

4.器に盛り付けて完成。

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」調理のポイントやコツ

根菜特有の歯ごたえや香りを楽しめる、白だしベースのあっさりとした味付けがポイントです。

ごろごろとした食感が好きな方は、材料を厚めに切るのがおすすめです(その場合は、火の通りを確認しながら煮込む時間を調整してください)。

うどんや蕎麦のかけつゆにしたり、焼いたおもちを入れてお雑煮風にしても、おいしく食べられますよ。

豚肉や鶏肉を入れれば、栄養満点な主菜スープとして楽しむことができます。

また、きのこやこんにゃくを入れるとヘルシーにボリュームアップできるので、ダイエット中のメニューとしてもおすすめです。

味が濃いと感じる場合は、適宜水の量を増やしてお好みの味に調整してください。食べる際にお好みで七味唐辛子や黒コショウを加えるのもおすすめです!ぜひ、作ってみてください。

そのほか、なぎさんにご提供いただいた野菜レシピ

彩り野菜の温野菜サラダ【野菜レシピ】

せりともやしの和風ナムル【野菜レシピ】

水菜とツナのシャキシャキサラダ【野菜レシピ】

根菜と厚揚げの五目煮【野菜レシピ】

▼ 最大半額!クリックして割引クーポンをもらおう! ▼

キャリカレの期間限定割引キャンペーン
画像引用元:キャリカレ公式サイト

※本サイト記載の価格は、すべて税込です。

野菜レシピ「根菜たっぷり和風スープ」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!

この記事を書いた人

赤石 美波のアバター 赤石 美波 教員免許・栄養士免許取得済

小学校教諭第一種免許状・中学校教諭第一種免許状・栄養士免許取得。栄養士の学校を首席で卒業後、保育園栄養士として勤務。食育活動や料理教室講師・セミナー講演・料理イベント開催など料理・食関連の仕事に従事。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タップで移動できる目次