酒粕をそのまま食べるのは危険?食べるときの注意点と保存方法

スポンサーリンク




酒粕の食べ方で、何か気をつけなくちゃいけないことってある?

保存方法も知りたい!

 

美容効果や腸内環境をととのえる働きもあり、普段の生活に積極的に取り入れたい酒粕ですが、保存の仕方と扱い方に、ちょっとしたポイントがあります。

 

そこで今回は、酒粕の保存と扱い方について、3つのポイントをお話します。

 

酒粕の保存方法

酒粕は、冷蔵庫保存が基本です。

 

空気に触れると乾燥するので、使いかけのものは、保存袋や保存容器に入れて

できるだけ空気に触れないように気をつけましょう。

 

 

長い期間保存したい場合は、ラップでぴったりと包んで保存袋に入れて、冷凍庫で保存することもできますよ。

 

板粕の扱い方

酒粕の中でも、「板粕(いたかす)」ってけっこう硬いですよね。

 

板の状態だと扱いにくいので、まずは適当な大きさにちぎって耐熱ボウルに入れます。

 

その後、ラップをせずに、電子レンジで軽く加熱してください。

 

これだけで、かなりやわらかくなりますよ。あとは練って使うだけです。

 

 

レンジ加熱後、冷めるまでそのまま2〜3分おくと、ほとんどのアルコール分がとんで、お酒臭さも少しやわらぎます。

 

酒粕をそのまま食べるのは危険

酒粕には8〜10%のアルコール分が含まれています。

 

しかし、しっかりと火を通せば、アルコール分はほぼとんでしまいます。

 

ただ、体にいいからといって一度に大量に食べたり、あまり火を通さないような食べ方はしない方がいいです。

 

 

もちろん、酒粕にはアルコールが含まれるので、すごくお酒に弱い人は、あまり食べない方がいいですね。

 

mina
酒粕はアルコールが入っているので、妊婦さんや小さなお子さんも食べない方がいいです。

 

酒粕の種類は大きく分けて4種類

板粕

板粕は、最も一般的な酒粕で、スーパーなどで手に入りやすいです。

 

冬場になると出回り始めます。レシピ本でも、板粕を使用するレシピが多いですね。

 

バラ粕

板粕の形が崩れたものや、日本酒を搾るときに「袋しぼり」にしたものの粕です。

 

バラ粕は、比較的安い値段で出回ります。

 

踏み込み粕

板粕をタンクに入れて踏み込み、そのまま夏までおいて熟成させた粕。

 

こちらは板粕とは違い、夏に出荷されます。

 

色も濃くなって熟成されているので、味も濃厚。主に奈良漬に使われますが、そのまま料理に使っても大丈夫です。

 

吟醸粕(ぎんじょうかす)

大吟醸など高級な酒は、「袋吊り」という製法で圧力をかけずに搾るため、

残った粕はとろりとしてコクがあり、酒の成分が多く残っています。

 

吟醸酒は精米歩合が高く、じっくりと低温で発酵させるため、香りやうまみも格別です。

 

おすすめの酒粕

私のおすすめは、バラ粕。料理に使いやすいですよ。

 

あとは、材料に「醸造用アルコール」が入っていないものがおすすめです。

 

できれば、国産米や化学肥料不使用など、原料にも気を配りたいですよね。

 

あたりまえのようなことですが、昔ながらの製法で作られたおいしい酒からできる酒粕を使うと、おいしい酒粕料理が作れますよ。

 

酒粕レシピの本。私も手元に置いています。

 

酒粕をまずは少し試してみようかな…という方はこちら。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

栄養学や食・料理の勉強におすすめの本を紹介

栄養学や食事、料理のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの本をまとめてみました。

今回の記事と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>【実際に読んでみた】栄養学と食の勉強・独学におすすめの本10選

>>【実際に読んでみた】料理が上手くなるための勉強におすすめの本12選

 

チップをいただけると、心から喜びます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

3年間のOL生活を経て、栄養士の専門学校に入学。学校を首席で卒業し、栄養士の資格を取得後、栄養士として勤務。 健康セミナーの実施や料理教室講師、食育活動、調理の仕事やケータリングなど幅広く経験。美容・健康と食の専門知識をいかして、ブログを書いています。