【ユーキャンコーヒー資格口コミ】UCC匠の珈琲受講の感想!ドリップマスター

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座の教材購入!資格試験難易度・独学できる?口コミ評判

本記事は当サイト「暮らしを豊かにするブログ」が独自に調査・作成しています。記事公開後、記事内容に関連した広告を出稿いただくこともありますが、広告出稿の有無によって順位や内容は改変されません。
詳細は「暮らしを豊かにするブログ」のレビューガイドライン・運営理念をご覧ください。

※よくある質問「バリスタ資格はユーキャンで取れる?」の詳しい解説は下記をクリックでジャンプできます。

\ 一瞬で下までスクロール! /

ユーキャンの「UCC匠の珈琲講座」で取れるバリスタ・コーヒー資格の口コミや評判はどう?資格試験難易度や合格率も知りたい!

私もコーヒーの勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教材を買ってみました!この記事では教材のレビューやユーキャンを選んだ理由など、感想をお伝えします。

実際にUCC匠の珈琲講座を申し込む前に、この記事を参考にしていただけたら幸いです!

なお、ユーキャンのコーヒー資格UCC匠の珈琲講座で取れる「UCCドリップマスター」以外でコーヒー関連の資格が気になる方は、こちら↓も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【コーヒー資格どれが良い?使えるおすすめ9種類一覧比較】独学・安い通信講座 コーヒー資格取得の際、種類がたくさんあって、どれがいいのか迷ったことはありませんか? そこで今回は、コーヒー資格はどれが良いか検証するために、貯金を全額つぎ込...

>>【コーヒー資格どれが良い?使えるおすすめ9種類一覧比較】独学・安い通信講座

ユーキャンコーヒー資格「UCC匠の珈琲講座」の口コミ・評判をざっくり言うと
  • ドリップマスターコースの道具のクオリティが想像以上に高い。「長く使えるように」との配慮があるそう
  • 質問に答えてくれる講師はUCCアカデミーの現役講師。質問回答の詳しさが感動レベル
  • ハンドドリップをメインに学べる。「豆をブレンドする課題がむずかしかった」という声も
ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)のテキスト・教材

\ すぐに始めたい方はコチラ! /

\ カンタン10秒! /

タップで移動できる目次

ユーキャンでコーヒー資格取得!UCC匠の珈琲講座の口コミ・合格率や試験難易度

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座
画像引用元:ユーキャン公式サイト

UCC匠の珈琲講座は、UCCコーヒーアカデミーが認定している民間の資格です。

ユーキャンが取り扱っているのは、「UCC匠の珈琲講座」の資格講座で、「ドリップマスターコース」と「おうちdeカフェコース」の2つがありますが(下の画像)、

「ドリップマスターコース」では、ユーキャンの講座を受講すると資格取得ができます。3回の実践課題を提出し、講座を修了すると「UCCドリップマスター」として認定されます。

mina
コーヒーの知識を学びたい方なら誰でも受けることができ、受験資格は特にありません。
項目説明
講座名UCC匠の珈琲講座
取得可能資格UCCドリップマスター
資格認定UCCコーヒーアカデミー
受験資格特になし
試験方法3回の添削課題を修了
受講費用ドリップマスターコース
(資格が取れる&器具つき)
69,000円

おうちdeカフェコース
(資格は取れない&器具なし)
39,000円
学習期間4ヶ月
受講期限8ヶ月
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報はユーキャン公式サイトでご確認ください。

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座のポイント

  • 趣味で学びたい人向け・より深く学びたい人向けの2種類のコースから選べる
  • UCCコーヒーアカデミー監修の講座で、プロの味を自宅で再現できる
  • ドリップマスターコースの方が料金が高いが、資格取得できる&プロ厳選の道具一式が揃う

UCC匠の珈琲講座の資格試験は、資格試験がなく3回分の添削課題を提出すれば資格取得できます。

注意が必要なのは「ただ提出すれば良いわけではない」こと。未回答や大きな誤りがなく、一定の基準をクリアしていることで資格取得が可能です。

\ カンタン10秒! /

ユーキャンコーヒー資格「UCC匠の珈琲講座(ドリップマスターコース)」口コミ評判

ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)のテキスト・教材

資料請求で内容が良さそうだったので、ユーキャンのUCC匠の珈琲講座(ドリップマスターコース)の教材を買ってみました!資格取得までの手順は以下の4ステップで、学習と添削課題を提出回数分、交互に繰り返す形で進めていきます。

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座(ドリップマスター資格コース)の受講の流れ
ユーキャンのUCC匠の珈琲講座(ドリップマスター資格コース)の受講の流れ

ステップ1.ネット申込

まずはネット申込をします。ユーキャンの公式サイト(下↓の青いリンク)をクリックして、左上の検索欄に「UCC」と入力。次に出てきた画面の青いリンクをクリックします。

>>UCC匠の珈琲講座の申込はこちら

「受講お申込み」と書かれたオレンジ色のボタンをクリックし名前や住所などの情報を入力します。

申し込んだら、あとは教材が届くのを待つだけ!一括払い(69,000円)でもいいし、予算が厳しい…という方は、分割払い(5,800円×12回)でもOKです。

ステップ2.ユーキャンからコーヒー資格「UCC匠の珈琲講座(ドリップマスターコース)」講座の教材到着

公式サイトで講座を申し込んでから4日ほどで、ユーキャンからコーヒー資格「UCC匠の珈琲講座(ドリップマスターコース)」講座の教材が届きました!

ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)のテキスト・教材

テキストだけでなく、コーヒー豆やキット、DVDや資料集もあって盛りだくさんです!

届いた教材は、公式サイトに書いてあるとおりのラインナップです。

  • メインテキスト3冊/資料集「UCCコーヒー博物館」
  • DVD3巻(「UCCコーヒー博物館紹介」つき)
  • 珈琲手帖
  • 学習ガイドブック
  • 添削課題集
  • 添削関連書類
  • 質問用紙
  • 材料/用具/機器(細口ポット,ドリッパー,サーバー,ミル,デジタルスケール,ペーパーフィルター,コーヒー豆6種)

ステップ3.ユーキャンコーヒー資格「UCC匠の珈琲講座(ドリップマスターコース)」のテキストと映像で学習

教材が届いたら、テキストとDVDで学習開始!空き時間を見つけてコツコツ進めてもいいし、休みの日などまとまった時間が確保できそうなら、一気に進めます。

テキストは、コーヒーの知識がカラフルな図やイラストでまとまっていて、目でパッとみてわかりやすい構成になっています。

コーヒーとスイーツの組み合わせに関する項目も新しい発見がたくさんありました。

今までは、そもそもアメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違いがわからなかったのですが、アメリカンコーヒーはブレンドコーヒーよりも酸味が強いということがわかりました。

そして酸味の強いアメリカンコーヒーは、さわやかな味わいのゼリーやフルーツケーキ、ヨーグルトと相性が良いそうです。酸味どうしの組み合わせが合うということですね。

ブレンドコーヒーは、アメリカンコーヒーに比べると酸味は中ほどで、濃厚な味わいのお菓子と合うそうです。たとえば、チーズケーキやワッフル、バターたっぷりのマドレーヌなど。

おまけで、苦味の強いエスプレッソは、どっしりとした重厚感・甘みがある羊羹などの和菓子やチョコレート、カヌレなどと相性が良いそうです。

モカジャバは、コーヒーの底に板チョコ。エッグノッグは、コーヒーに卵黄。ハニーゴールドコーヒーは、蜂蜜やガムシロップ、ホイップクリーム…どれもあまり飲みたいとは思えず、こんなコーヒーもあるのか、と思って読みました。

mina
カフェロワイヤル、といってスプーンの上に角砂糖をのせ、ブランデーを染み込ませてから火をつけるコーヒーにはびっくり!幻想的な演出です。

アレンジメニューの中で、アフォガードとコーヒーフロートは定番ですが、やっぱりこれが一番…!と思ってしまいました。

テキストやコーヒー豆、キットのほかにも、DVDもついてきます。

教科書を読んでから映像を見ると、理解が深まります。動画で見ることで「自分にもできそう!」とイメージが湧くので、テキストと合わせて見たところ、コーヒー初心者の私でもよく理解できました。

ステップ4.UCC匠の珈琲講座の添削問題を解いて提出(3回)

ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)の教材・テキスト

添削問題は全部で3回分あります。「食育実践プランナー」など、ほかの講座ではマークシート形式になっています。

しかし、今回申し込んだコーヒー講座は、「実際にコーヒーをペーパードリップで、ポイントを守っていれる」「コーヒーの豆を変えて1種類ずつ飲み比べる」「自分オリジナルのブレンドコーヒーを作る」など実践的な形式になっていました。

ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)の教材・テキスト

知識は、実践を伴って理解すると経験として覚えるので、忘れにくいのもポイント。実践がありやや面倒に感じる方もいるかもしれませんが、学んだ内容を自分のものにするためにとても良い課題だと思いました。

1〜3回目の添削課題の内容や勉強した感想の詳細は、こちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【UCCドリップマスターコース資格取得体験ブログ】添削1回目感想 私もコーヒーの勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教材(ドリップマスターコース)を買ってみました!この記事では、添削課題1回目までの受講体験記を書...

>>【UCCドリップマスターコース資格取得体験ブログ】添削1回目感想

あわせて読みたい
【UCCドリップマスターコース資格取得体験ブログ】添削2回目感想 私もコーヒーの勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教材(ドリップマスターコース)を買ってみました!この記事では、添削課題2回目までの受講体験記を書...

>>【UCCドリップマスターコース資格取得体験ブログ】添削2回目感想

あわせて読みたい
【UCCドリップマスターコース資格取得体験ブログ】添削3回目感想 私もコーヒーの勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際に教材(ドリップマスターコース)を買ってみました!この記事では、添削課題3回目の受講体験記を書きた...

>>【UCCドリップマスターコース資格取得体験ブログ】添削3回目感想

ステップ4.ユーキャンのコーヒー講座で取れる「UCCドリップマスター」資格取得

UCCドリップマスターの資格は、ユーキャンの3回分の添削課題を提出することで取ることができます。

実際に届いたUCCドリップマスターの合格認定証がこちら!

環境保護のために、抽出後コーヒーと麻袋の再生紙を使用しているそうで、ナチュラルな材質の紙でした。もう少し厚い紙だと良いかな…と思いましたが、ロゴや枠、文字などの見た目はとてもきれいです。

\ カンタン10秒! /

後日、もらった無料の招待券を持ってUCCコーヒーアカデミーの体験レッスンに行ってみました。感想はこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【UCCコーヒーアカデミー評判と料金】体験セミナー行ってみた! 今回は、UCCコーヒーアカデミーの体験レッスンに実際に行ってみた感想や、実際にUCCコーヒーアカデミーに通った方の口コミや評判を紹介します。 なお、UCCコーヒーアカ...

>>【UCCコーヒーアカデミー評判と料金】体験セミナーに行ってみた!

ユーキャンのコーヒー資格が取れるUCC匠の珈琲講座のメリット・デメリット【口コミ評判】

私が実際にユーキャンでコーヒー講座を買って勉強してみて感じた「ここが惜しい!」「ここが良かった」ポイントをまとめます。

ユーキャンのコーヒー口コミUCC匠の珈琲講座の「ここが惜しい!」と思うポイント

  1. 添削課題を郵送してから返送まで時間がかかる。3週間くらいみておいた方が良さそう
  2. 通学形式のスクールのように、直接講師の先生に個別指導はしてもらえない

【ここが惜しい!口コミ①】添削課題を郵送してから返送まで時間がかかる。3週間くらいみておいた方が良さそう

添削課題は3回あり、すべてWeb提出はできず郵送です。単純に郵送の日数がかかるのと、受講生も多く講師の人数にも限りがあって対応に時間がかかるのかもしれません。

返送に時間はかかりますが、1回目の添削課題を郵送している間に2回目のテキストや添削課題を進める・UCCコーヒー博物館のテキストを読んだりDVDを見たりして勉強する、というように、待っている時間を有効活用してみました。

勉強の合間に、コーヒーの実を収穫してコーヒーを作ってみました。このときもテキストとコーヒー豆を照らし合わせながら、豆の仕組みを学習。テキストがあってよかったです。

あわせて読みたい
【失敗談】コーヒを収穫して実からコーヒーを作ってみた! ユーキャンのUCCコーヒー講座や、ラーキャリのコーヒープロフェッショナル講座で勉強しコーヒーに興味がわく今日このごろ。 >>【ユーキャンコーヒー資格】UCC匠の...

>>【失敗談】コーヒを収穫して実からコーヒーを作ってみた!

【ここが惜しい!口コミ②】通学形式のスクールのように、直接講師の先生に個別指導はしてもらえない

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座では、通学形式のスクールのように、直接講師の先生に個別指導はしてもらえません。

直接学校などに通って直接指導してもらえませんが、映像教材が充実していてテキストのクオリティも高いため、デメリットは感じませんでした。

ユーキャンのコーヒー口コミUCC匠の珈琲講座の「ここが良かった!」と思うポイント

  1. 道具のクオリティが想像以上に高くてびっくり。「長く使えるように」との配慮が素晴らしい
  2. 他社に比べてテキストがフルカラーでわかりやすい。写真が多く雑誌感覚で読める
  3. 質問に答えてくれる講師はUCCアカデミーの現役講師。質問回答の詳しさが感動レベル

【ここが良かった!口コミ①】道具のクオリティが想像以上に高くてびっくり。「長く使えるように」との配慮が素晴らしい

コーヒーの器具類のクオリティの高さには正直、驚きました。

ユーキャン公式サイトにも「UCCコーヒーアカデミーの講師が厳選した、品質のよいものばかりで」「受講後も長く使ってもらえるように」と書かれていて、実際に届いた教材もその通りだと思いました。

ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)の教材

コーヒー豆はブラジル、コロンビア、マンデリン、モカ、タンザニア、ジャワロブスタ各100gずつが届きます。

「鮮度の高いコーヒー豆を手配するため、お届けまで20日程度かかる場合がございます」とのことで、豆の新鮮さへのこだわりがすごいと思いました。

【ここが良かった!口コミ②】他社に比べてテキストがフルカラーでわかりやすい。写真が多く雑誌感覚で読める

ユーキャンの強みは作り込まれたテキスト。実際に教材を買ってみて、かなり教材研究がされていることが想像できました。

他社の通信講座と比較しても、テキストがフルカラーだったり図解がかなり作り込まれていたりして、教材開発に命をかけているな…と教材を買うたびに思います。

【ここが良かった!口コミ③】質問に答えてくれる講師はUCCアカデミーの現役講師。質問回答の詳しさが感動レベル

他社のコーヒー講座では、コーヒー専門の講師の先生がいるわけではなく、通信教育の会社のスタッフが質問に答えてくれることが多いです。

それに対してユーキャンでは、コーヒー講座に関する質問に答えてくれるのはUCCアカデミーの現役講師。実際に3回ほど受講生ページから質問をしたのですが、送られてきた返信内容から、コーヒーのことを熟知していることを感じました。

ユーキャンのコーヒー講座「UCC匠の珈琲講座」の口コミ評判・感想まとめ

口コミや評判
ほかにも、ユーキャンのコーヒ講座「UCC匠の珈琲講座」を受講した人の口コミや評判を知りたい!

そこで今回は、実際にネット上やSNSで、UCC匠の珈琲講座を実際に受講した人の口コミを調べてみました。

良い口コミ
悪い口コミ
  • 豆をひいて淹れるコーヒーは手間がかかるが楽しい!
  • 東京か神戸のUCCアカデミーに通いたくなった
  • 知り合いにコーヒー豆を教えて喜んでもらえた
  • ハンドドリップを感覚でいれていたが、基本を学んだら味が安定!
  • 外出の必要がなく、通信講座で学べる
  • 価格とコースの内容が一致していないと思う
  • 課題提出3回で、簡単に資格が取れてしまう
  • 豆をブレンドする課題がむずかしかった

良い口コミ・悪い口コミ両方ありますが、それぞれ見ていきましょう!

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座の悪い口コミ・評判

まずは、ユーキャンのUCC匠の珈琲講座の悪い口コミや評判を紹介します。

  • 価格とコースの内容が一致していないと思う
  • 課題提出3回で、簡単に資格が取れてしまう
  • 豆をブレンドする課題がむずかしかった

【悪い口コミ評判①】価格とコースの内容が一致していないと思う

U-CANでUCCのコーヒー講座を受けているんだけど、正直、価格とコースの内容が一致していないと思う。

このコースで7万は高すぎだと思う。器具代込みで5万くらいだと思うんだよねぇ・・・UCCドリップマスターという資格で少し高めなのかなぁ・・・

(2019年10月受講生)

引用元:Twitter「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

確かに料金は高いですが、道具の質も良く添削課題や質問への対応・回答が思ったよりも丁寧だったので、料金分の価値はあるかと思いました。

ドリップマスターコースもおうちdeカフェコースも、どちらもコーヒー豆がついてきますが、器具がついてくるのはドリップマスターコースのみ。私もコーヒー初心者なので、この器具の量にはびっくりしました。

使い方や豆の管理方法など、テキストや映像でしっかり解説があるので、使い方に困ることは私自身もありませんでした。

【悪い口コミ評判②】課題提出3回で、簡単に資格が取れてしまう

4ヶ月で学習するそうですが。課題提出が3回しかないので早く終わりそうです。wそんな感じで良いのですかね。

どちらにしても学ぶことがまだまだあるのでがんばります。

(2021年6月受講生)

引用元:Instagram「UCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

ユーキャンのコーヒー講座のドリップマスターコースは資格試験はなく、課題提出3回でUCCドリップマスター資格を取ることができます。添削課題自体の難易度は低いため、誰でも取り組みやすく差別化しにくいと感じる方もいるようです。

【悪い口コミ評判③】豆をブレンドする課題がむずかしかった

この度、UCC匠のドリップマスターの認定を受けました(´◒`) 実は3月からはじめたのですが、確定申告とか腸炎とか諸々が重なり、大分時間がかかってしまいました(๑•́ ω •̀๑)

課題…悩んだ…ブレンドコーヒーが無難ではなく、お店それぞれの個性がでる、よく考えられたものなんだと痛感しました…

(2018年8月受講生)

引用元:Instagram「UCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座の第3回目の添削課題は、テキストを読み自分なりの豆をブレンドする内容になっています。私の場合は、「日差しの下で仲間とピクニックで飲むコーヒー」を想定して、爽やかでスッキリとした後味になるよう、コーヒー豆をブレンドしてみました。

使った豆は、キリマンジャロAAとブラジル・エチオピアモカの3種類。

コーヒー豆のブレンドを作るなんて初めてで、最初は戸惑いましたが、テキストの考え方を参考にやっていくとできるので、ぜひ自分好みのオリジナルコーヒーを作ってみてください。わからないときは受講生ページから質問を送れて便利です。

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座の良い口コミ・評判

次に、ユーキャンのUCC匠の珈琲講座の良い口コミや評判を5つ紹介します。

  • 豆をひいて淹れるコーヒーは手間がかかるが楽しい!
  • 東京か神戸のUCCアカデミーに通いたくなった
  • 知り合いにコーヒー豆を教えて喜んでもらえた
  • ハンドドリップを感覚でいれていたが、基本を学んだら味が安定!
  • 外出の必要がなく、通信講座で学べる

【良い口コミ評判①】豆をひいて淹れるコーヒーは手間がかかるが楽しい!

ユー〇ャンに「UCC匠の珈琲講座」ってのがあって、前からなんとなく気になってて、仕事辞めた際に始めちゃった(´>∀<`)ゝ

コーヒーの勉強もできて、豆から淹れるから手間はかかるけど、同じ時間皿洗いするより楽しいよ☺

(2018年2月受講生)

引用元:Twitter「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

ロブスタ種は缶コーヒー等に使われる普段遣いのコーヒーですがゆっくり淹れてあげるとそれは最高の一杯に

年明けから進んでいなかったコーヒーのお勉強☕️大好きな器のお話に入りました。

目で見て香りを嗅いで舌で味わう五感をフルに活用する時間✨

(2021年1月受講生)

引用元:Instagram「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

「UCC匠の珈琲講座」☕START。ペーパードリップコーヒーの淹れ方はほとんど知っていたけど細かく言うと〈温度〉〈豆の量〉〈抽出量〉をきちんと知らなかったので本を見ながら入れてみました。

ずっと[円錐タイプ]のドリッパーだったので[扇形タイプ]のドリッパーでは円を書くようにお湯が落とせず慣れるまで円錐タイプのように綺麗に通しきりたいな。と思いました。

温度や量を気にして入れてみると雑味が無く確かに飲みやすいです。

(2021年6月受講生)

引用元:Instagram「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

私自身もコーヒー講座を受講してみて、本当にこの口コミの通りだと思いました。

また、カップの口径が広いラッパ型とフルート型でも味わいの違いがあるようで、飲み口が広いラッパ型だと、舌全体にコーヒーが広がって複雑な味を楽しめ、特にマイルドで酸味のあるコーヒーにぴったり。

一方で飲み口が狭いフルート型は、コーヒーが舌の中央を通り、酸味よりは苦味やコクを感じやすくなります。そのため、酸味控えめでコクや苦味が特徴のコーヒーに向いています。

【良い口コミ評判②】東京か神戸のUCCアカデミーに通いたくなった

無事、UCCドリップマスターを取得しました☕︎

コロナが終息したら、東京か神戸、どちらかのアカデミーに通いたいです。

お財布と相談しながら笑パンと同じく、奥深い珈琲の世界。ユーキャンは修了したけれど、これからもいろいろな方のハンドドリップを見させていただき、日々勉強だ!と思ってます。

(2021年6月受講生)

引用元:Instagram「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

教材付録のUCCコーヒー博物館の資料がこちら。DVDとセットになっています。こちらも見ごたえがありました!

ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)の教材

映像では、UCCコーヒー博物館内の解説も。今は感染症のこともあり、博物館には入れないようですが、また入れるようになったらコーヒー博物館にも実際に行ってみたいです。

【良い口コミ評判③】知り合いにコーヒー豆を教えて喜んでもらえた

今まではコーヒー豆を教えたりってしたことなかったけど…喜んでもらえて良かった、最近一番楽しいって思った出来事でした。

後、デカフェコーヒー、カフェイン0.1以下のコーヒーがあるということを知ったのもコーヒーの勉強してからです…ほんとにまだまだ知らないことばかりですね(^^)

(2020年7月受講生)

引用元:Instagram「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

【良い口コミ評判④】ハンドドリップを感覚でいれていた、基本を学んだら味が安定!

ハンドドリップも感覚だけで淹れていた私も基本に忠実に淹れ始めたら味が安定してきた👀

当たり前だけれど少し驚いてる

でも❤日によって自分の気分によって色々な味を生み出すのは手仕事の楽しみ

(2020年10月受講生)

引用元:Instagram「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

OFFの日は最低6杯はハンドドリップ。UCC匠の珈琲講座、1回目の課題に取り組んでます。

丁寧に、経験の積み重ね。

(2021年4月受講生)

引用元:Instagram「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

ユーキャンのコーヒー資格講座の1回目の添削課題では、実際にペーパードリップに挑戦します。

テキストを読むだけではなかなかイメージできない部分も、DVDでしっかり確認できます。

まずは豆を12g測り、ミルで挽きます。ミルの取っ手を回すのに意外と力がいるのでびっくり。左手で押さえて回すことができず、最終的に膝の間にはさんで取っ手を回しました。これが案外うまく回せました。

テキストで淹れ方の手順に一度目を通したら、映像で見るのが近道。映像の方が圧倒的にわかりやすかったです。

ユーキャンのコーヒー資格講座の口コミでは「ハンドドリップを感覚でいれていたが、基本を学んだら味が安定!」とありますが、実際に受講してハンドドリップの練習をしてみて、おいしくいれるルールがわかると確かに味も安定すると思いました。

【良い口コミ評判⑤】外出の必要がなく、通信講座で学べる

2021年の目標の1つは、ペーパードリップをものにすること。コロナ禍で外出もままならないので、通信講座でがんばります。

今日はコーヒーを淹れ過ぎて、おなかタポタポ笑蒸らしの注湯が苦手。豆も細かく挽き過ぎてるなー。☕︎

マンデリンG-1インドネシア/アラビカ種/ハイロースト。味には疎いけど、20代の頃から1番好んで飲んでいるのがマンデリンです。酸味が少なくて、ほどよいコクと苦さが美味しい

(2021年2月受講生)

引用元:Instagram「ユーキャンUCC匠の珈琲講座」受講生の投稿

私もユーキャンの講座で何度も受講していますが、テキストのわかりやすさとクオリティの高さは、ユーキャンの一番の特徴だと思います。

他社の通信講座と比較しても、テキストがフルカラーだったり図解がかなり作り込まれていたりして、教材開発に命をかけているな…と教材を買うたびに思います。

\ すぐに始めたい方はコチラ! /

\ カンタン10秒! /

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座で取れる資格は独学できない

UCC匠の珈琲講座で取得できる「UCCドリップマスター」は独学で取得できません

独学で資格試験のみ受けることはできません。
ユーキャンのUCC匠の珈琲講座(ドリップマスターコース)を受講することで、資格取得ができます。

独学の場合、自分で本を何冊か買ったり、YouTube動画や、コーヒーが特集された雑誌を読んで学ぶことになります。

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座で取得できる「UCCドリップマスター」と独学の場合で、特徴や費用など違いを比較しました。

資格講座勉強
独学
【ユーキャンコーヒー資格口コミ】UCC匠の珈琲講座受講の感想!ドリップマスター
UCC匠の珈琲講座
学習形式市販書籍で独学通信教育
学習期間期限なし4ヶ月
サポートサポートなし8ヶ月
1日3問まで質問可能
費用目安1,000円〜(書籍代)69,000円39,000円
メリット費用が抑えられる大事なポイントだけ学び、資格取得もできる
デメリット・資格は取れない
・知識を客観的に証明できない
・独学より費用がかかる
・国家資格ではない
資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

独学は通信教育よりも費用は抑えられますが、独学では勉強の範囲や大事なポイントがわからずに、途中で勉強をやめてしまうケースも。

mina
「重要なポイントをプロに教わって、最後まで勉強をやりきる」「体系立てて学ぶ」ことができるのが、通信教育のメリットです。

わからないことがあったらいつでも質問できるので、存分に活用してみましょう!

ユーキャン
独学
  • 資格取得までできる
  • 重要なポイントだけ学べる
  • プロの講師に質問・相談ができる
  • 費用がかかる
  • 資格は取れない
  • 学ぶ範囲があいまい
  • 質問・相談はできない
  • 費用は安くて済む

通信講座では、学ぶ期間が決まっているのもメリット。期限を決めて、その中で重要なポイントだけを学べるのもよいところです。

なお、ユーキャンでUCCドリップマスター資格取得後は、講座監修のUCCコーヒーアカデミーの通学コース「プロフェッショナルコース」を受講できます。通学でさらにスキルアップしたい方は、上位資格の取得を目指すのも良いでしょう。

バリスタ資格はユーキャンで取れる?

バリスタ資格はユーキャンで取れません

ユーキャンで「バリスタ」という名前の資格は取得できませんが、この記事で紹介している「UCC匠の珈琲講座」で「UCCドリップマスター資格」が取れます。

そもそも、「バリスタ」という資格はありません。

バリスタはイタリア語で、コーヒーに関する知識と技術を持ち、カフェなどの専門店で働いている人のことを言います。いろいろなコーヒー資格がありますが、総称して「バリスタ資格」と考えると良いでしょう。

バリスタの資格は、いろいろな団体が「バリスタライセンス」や「コーヒーマイスター」など、多様な名前で資格を認定しています。

バリスタ資格の中でも有名なのが、JBAバリスタライセンス(日本バリスタ協会認定)や、コーヒーマイスター(日本スペシャルティコーヒー協会認定)。

ユーキャンで取れるUCCドリップマスター資格も、バリスタ資格の一つ。知名度は「JBAバリスタライセンス」や「コーヒーマイスター」よりも低いものの、コーヒーに関する知識・技術を専門的に学ぶことができる資格講座です。

>>バリスタについてさらに詳しい解説はこちら

ユーキャンのコーヒー講座「UCC匠の珈琲講座」ドリップマスターコースとおうちdeカフェコースの違い

ユーキャンでコーヒー資格が取れる「UCC匠の珈琲講座」は、「ドリップマスターコース」と「おうちdeカフェコース」の2種類に分かれていますが、聞いただけでは違いがよくわからないですよね。

そこで、教材や料金・サポート期間などを徹底的に比較しました。

ドリップマスターコース・おうちdeカフェコースの教材の違い

まずは、ドリップマスターコースと、おうちdeカフェコースの教材を比較しました。

おうちdeカフェコースは、右上の画像の黒塗りの部分が教材にはなく、テキストとコーヒー豆のみの発送となります。

UCC匠の珈琲講座「ドリップマスターコース」教材
UCC匠の珈琲講座「おうちdeカフェコース」の教材
  • メインテキスト3冊
  • 資料集「UCCコーヒー博物館」
  • DVD「UCCコーヒー博物館紹介」
  • DVD2巻
  • 珈琲手帖
  • 学習ガイドブック
  • 添削関連書類一式
  • 質問書類
  • 材料、用具、機器(細口ポット・ドリッパー・サーバー・ミル・デジタルスケール・ペーパーフィルター・コーヒー豆(6種))
  • メインテキスト3冊
  • 資料集「UCCコーヒー博物館」
  • DVD「UCCコーヒー博物館紹介」
  • DVD2巻
  • 珈琲手帖
  • 学習ガイドブック
  • 材料・用具・機器(コーヒー豆6種)

教材はどちらもテキストが3冊と、 DVDつき。テキスト内容は、ドリップマスターコースもおうちdeカフェコースもどちらも同じです。

「ドリップマスターコース」の方は、値段が高いだけあって、添削サポートが受けられたり、材料や用具がたくさんついてきたり、内容がかなり充実しています。

ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)のテキスト・教材

上の画像は、私が実際にユーキャンで購入した「ドリップマスターコース」の教材一式です。おうちdeカフェコースは、上の画像からスケール(電子ばかり)やコーヒーミルなどの器具を除いたもので、資格取得はできません。

mina
どちらのコースもコーヒー豆はついてきます。

料金はUCC匠の珈琲講座「おうちdeカフェ」の方が安い

講座名UCC匠の珈琲講座
ドリップマスターコース
UCC匠の珈琲講座
おうちdeカフェコース
費用69,000円39,000円
添削指導◎あり(3回)なし
資格取得◎UCCドリップマスター資格取得不可
教材◎コーヒー器具つき
(豆はついてくる)
コーヒー器具なし
(豆はついてくる)
学習期間4ヶ月4ヶ月
受講期限8ヶ月8ヶ月
講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。
値段はおうちdeカフェコースの方が安いけど、資格は取れず添削サポートが受けられないのね。
mina
おうちdeカフェコースは、教材をユーキャンで購入し自分で勉強するのみで、添削サポートは受けられません。

おうちdeカフェコースは、コーヒー豆はついてきますが、コーヒーミルやペーパードリップなどの器具はないので、持っていない方は自分で用意することになります。

自宅に器具がすでにある方は安心ですが、器具を持っていない方は買い揃える必要があります。

添削指導で通信教育を受けるメリットを十分に得つつ、認定資格もほしい方は「ドリップマスターコース」がおすすめです。

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座ドリップマスター以外のコーヒー資格講座

コーヒー資格どれが良い?使える安いおすすめ9種類を一覧比較!独学できる検定や通信講座を徹底解説

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座以外にも、コーヒーに関する資格はたくさんあります。

上から安い順番↓↓↓

資格講座費用申込先資料請求(無料)特長一部内容映像教材質問回答添削指導学習期間サポート期間資格認定講座販売
コーヒーインストラクター検定
コーヒーインストラクター
3級:1,500円
2級:32,000円
1級:52,000円
鑑定士:55,000円
今すぐ申込む>>詳しく見る・3級は受講のみで資格取得
3級〜1級&鑑定士の4種類
・カッピング
・コーヒーの抽出技術と食器の知識
・生豆の見分け方
映像なし講義中に質問添削なし学習期間
約1ヶ月
2日(講習会1日+試験1日)
全日本コーヒー商工組合連合会認定全日本コーヒー商工組合連合会
フォーミーのコーヒースペシャリスト資格取得講座
コーヒースペシャリスト
38,500円今すぐ申込む>>詳しく見る・紙のテキストがないので、学習・受験はスマホorパソコン
・認定証が英語
・コーヒーのおいしい淹れ方
ラテアートの作り方
映像あり
(DVDなし/パソコン・スマホ閲覧可)
質問回数制限なし
(メール)
添削なし学習期間
約1ヶ月
期限180日(約半年)一般社団法人日本能力教育促進協会認定フォーミー
日本スペシャルティコーヒー協会のコーヒーマイスター資格
コーヒーマイスター
39,000円今すぐ申込む>>詳しく見る・芸能人取得でネームバリューあり
・3年ごとに更新費用10,000円
特典が充実
・カッピング
・基礎〜高度のコーヒーの知識と鑑定技術
映像なし講義中に質問添削なし学習期間
約3ヶ月
一般社団法人日本スペシャルティコーヒー協会認定一般社団法人
日本スペシャルティコーヒー協会
ユーキャンのUCC匠の珈琲講座「UCCドリップマスターコース」の教材
UCCドリップマスター
39,000円〜
69,000円
今すぐ申込む>>無料資料請求2種類のコースから選べる
・資格取得できるコースあり
・豆の特徴や保存方法
・スイーツ等の組み合わせ
映像あり
(DVD3巻)
質問1日3回まで
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約4ヶ月
期限8ヶ月一般財団法人UCCコーヒーアカデミー認定ユーキャン
ラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格取得講座のテキスト・教材
コーヒープロフェッショナル
49,500円今すぐ申込む>>詳しく見る・期限がないので、ゆっくり学びたい人におすすめ
・試験のみ等、コース数種類あり
・コーヒーの歴史
・コーヒー豆の種類や産地
映像なし質問回数制限なし
(メール/LINE)
添削1回
(郵送)※提出しなくても良い
学習期間
期限なし
期限なし一般社団法人日本技能開発協会認定ラーキャリ
日本創芸学院のコーヒーコーディネーター講座
コーヒーコーディネーター
70,400円今すぐ申込む>>無料資料請求学科4回・実技4回の課題提出できめ細かい指導・各生産国の香味の特徴
・カフェスイーツの作り方
映像なし質問回数制限なし
(メール/郵送)
添削8回
(郵送)
学習期間
約6ヶ月
期限9ヶ月日本創芸学院認定ハッピーチャレンジゼミ
キャリカレのコーヒー&紅茶カフェマスターW資格取得講座のテキスト・教材
カーサバリスタ
75,900円今すぐ申込む>>無料資料請求業界最長のサポート期間
コーヒーと紅茶どちらも学べる
・認定証の見栄えが良い
・コーヒーのおいしい淹れ方
店のコンセプト設計
映像あり
(DVD1巻/パソコン・スマホ閲覧可)
質問回数制限なし
(メール/郵送)
添削3回
(郵送/web)
学習期間
約3ヶ月
期限700日(約2年)一般財団法人日本能力開発推進協会認定キャリカレ
コーヒーソムリエ資格が取れるSARAスクールのカフェオーナープラチナコースのテキスト・教材
コーヒーソムリエ
95,000円
(試験必要)

115,500円
(試験免除)
今すぐ申込む>>無料資料請求・プラチナコースは一度に2つの資格取得ができる
認定証は別途5,500円必要
コーヒー豆の種類や産地
・コーヒーカップの種類
映像なし質問回数制限なし
(メール/郵送)
添削5回
(郵送)
学習期間
約2-6ヶ月
期限12ヶ月日本安全食料料理協会認定・SARAスクール
・諒設計アーキテクトラーニング
カフェオーナー経営士資格が取れるSARAスクールのプラチナコースのテキスト・教材
カフェオーナー経営士
95,000円
(試験必要)

115,500円
(試験免除)
今すぐ申込む>>無料資料請求・プラチナコースは一度に2つの資格取得ができる
認定証は別途5,500円必要
店舗経営に必要な知識
開業に関する専門知識
映像なし質問回数制限なし
(メール/郵送)
添削5回
(郵送)
学習期間
約2-6ヶ月
期限12ヶ月日本安全食料料理協会認定・SARAスクール
・諒設計アーキテクトラーニング
※当サイトの表・コンテンツの無断転載はご遠慮ください。
※資格講座の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。
他社と比較したユーキャンのUCC匠の珈琲講座のポイント・強み
  • 趣味で学びたい人向け・より深く学びたい人向けの2種類のコースから選べる
  • サポート期間が8ヶ月とたっぷりあるので、余裕を持って勉強できる
  • UCCコーヒーアカデミー監修の講座で、プロの味を自宅で再現できる

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座の口コミ評判・概要まとめ

ユーキャンのUCCドリップマスター(ユーキャンUCC匠の珈琲講座)のテキスト・教材

ユーキャンのUCC匠の珈琲講座の口コミや評判をまとめると、以下の通りです。

ユーキャンのコーヒー資格「UCC匠の珈琲講座」良い口コミ・評判
  • 豆をひいて淹れるコーヒーは手間がかかるが楽しい!
  • 東京か神戸のUCCアカデミーに通いたくなった
  • 知り合いにコーヒー豆を教えて喜んでもらえた
  • ハンドドリップを感覚でいれていたが、基本を学んだら味が安定!
  • 外出の必要がなく、通信講座で学べる
ユーキャンのコーヒー資格「UCC匠の珈琲講座」悪い口コミ・評判
  • 価格とコースの内容が一致していないと思う
  • 課題提出3回で、簡単に資格が取れてしまう
  • 豆をブレンドする課題がむずかしかった

受講を申し込んでも、8日以内なら送料負担のみで返品・返金もできます(未開封など諸条件あり)。

「いきなり申し込むのは不安…」という方も、資料請求は無料なので、ぜひ申込前に取り寄せて検討してみてください。

ユーキャンのコーヒー資格「UCC匠の珈琲講座」講座の資料請求・申込はこちら↓↓↓

\ すぐに始めたい方はコチラ! /

\ カンタン10秒! /

UCC匠の珈琲講座の関連資格

あわせて読みたい
【紅茶資格はどれがいい?】おすすめ種類一覧比較・独学・趣味・通信教育 資格名が似ている紅茶マイスターと紅茶アドバイザーの違いは、記事内のこちら↓↓↓にジャンプできます。 \ 両方受験してみた! / 紅茶マイスターと紅茶アドバイザーの違...

>>【紅茶資格はどれがいい?】おすすめ種類一覧比較・独学・趣味・通信教育

あわせて読みたい
【合格体験記】ラーキャリ口コミ評判!コーヒープロフェッショナル受講感想 私もコーヒーの勉強に興味があり資格が気になっていたので、実際にラーキャリのコーヒープロフェッショナル資格講座を申し込んでみました!この記事ではテキストのレビ...

>>【合格体験記】ラーキャリ口コミ評判!コーヒープロフェッショナル受講した感想

※本サイト記載の価格は、すべて税込です。

シェアしてね!
タップで移動できる目次
閉じる